本文へ移動
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  • 小中学生無料日

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

1
1
2
0
9
1

友人たちが語る 川上澄生の作品 ~雑誌『工藝』より +新収蔵作品展

 詩人であり版画家である川上澄生の作品について、これまで様々な切り口の展覧会で紹介されてきました。その朴訥で謙虚な人柄は作品にもよく表れていますが、川上澄生という「人」にスポットを当てることで、その「芸術」をより身近に感じることができるでしょう。その手掛かりとなるのが、「川上澄生版画」を特集した雑誌『工藝』第96号(1939年、日本民藝協会刊)です。本号では、川上澄生の学生時代からの友人、勤務先の栃木県立宇都宮中学校(現・宇都宮高等学校)の同僚、版画家の棟方志功や思想家の(やなぎ)宗悦(むねよし)など、川上澄生をよく知る11人が、川上澄生の版画の魅力や知られざる一面について語っています。
 本展は、雑誌『工藝』第96号の「川上澄生版画」特集に掲載された友人たちのエピソードや、彼らが賞賛する川上澄生作品を紹介することで、川上澄生の「人」と「芸術」に迫るものです。
 また、同会場では、当館の作品・資料収集活動の成果として、令和3年度から令和4年度の新収蔵作品の一部を公開します。併せてぜひご覧ください。

※川上澄生《初夏の風》(1926年)特別展示期間は4月22日(土)~6月4日(日)となります。

会      期:
令和5年4月8日(土)~9月3日(日)
会      場:
鹿沼市立川上澄生美術館 2階展示ホール
開館時間:
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:
月曜日(7/17は開館)、6/20(火)、7/18(火)
入 館 料:
一般300円(200円)、高校・大学生200円(100円)、小・中学生100円(50円)
 ・ ( )内は20名以上の団体料金、「東武沿線美術館連携事業」共通券割引料金
 ・毎週土曜日は小・中学生無料
 ・毎月第3日曜日は鹿沼市内の小・中学生と同伴のご家族は無料
 ・障がい者手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料
 ・6/11(日)は栃木県誕生150年記念・県民の日関連事業のため無料、9/1(金)は   
  洋燈忌(川上澄生の命日 )のため無料

関連イベント

館長と楽しむ作品鑑賞会
 日時:4月8日(土)14:00~14:30
 会場:2階展示室
 ※企画展チケットが必要です

学芸員によるギャラリー・トーク
 日時:7月8日(土)14:00~14:30
 会場:2階展示室
 ※企画展チケットが必要です

TOPへ戻る