本文へ移動

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

0
4
6
7
8
1

上原あかり展

上原あかり《体温と幻》 2020(令和2)年 
エンビ版によるドライポイント/ハーネミューレ紙
鹿沼ゆかりの版画家 上原 あかり 展

会  期:令和3年4月10日(土)〜 5月16日(日)
会  場:1階展示ホール
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)  
休館日:月曜日(5月3日は開館)、4月30日(金)、5月6日(木)
入 館 料 :無料

 ※当面の間、入館者を栃木県在住者に限定した開館を実施しています。制限緩和時期は未定です。
  ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

 
 
【作者のことば】
  私は鹿沼で生まれ、高校生の時に銅版画と出会い、現在は山形県の東北芸術工科大学で版画の研究をしている22歳です。
今回、私の初個展を地元の川上澄生美術館で開催していただけることをとても光栄に思っています。関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。
 版画を始めた当初は、銅版画と木口木版画で心の内面世界や命をテーマに厳格なモノクロの作品を制作していました。しかし、近年は夢や幻をテーマに「心の宝石」のような優しい作品を作りたいという想いから、透明な塩化ビニール板に直接彫刻する「ドライポイント」という版画の技法で色彩豊かな幻想世界を描いています。
 まだまだ駆け出しの身ですが、観てくださる方の心にじんわりと小さな光を灯せるように願いながら一つ一つ丁寧に作品を作っています。どの作品も繊細な描写が特徴ですので、ぜひお近くでじっくりご覧いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

出品目録

上原あかり展 出品目録

(2021-02-19 ・ 919KB)

TOPへ戻る