本文へ移動
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  • 小中学生無料日

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

1
1
2
0
8
3

第3回木版画大賞受賞 紺野正博展

紺野正博《花のように川のように(2)》


第3回木版画大賞受賞 紺野 正博 展

 紺野正博氏は福島県福島市生まれの木版作家です。
 紺野氏は、福島県で木版画の普及に尽力した瀬谷良男氏に技術を学びました。1997(平成9)年の第3回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞には《天からの誘いⅡ》を出品し、「明暗の効果を最大限にあげて、奥行きのある動的なヴィジョンの創出に成功している」と高く評価され、大賞を受賞しました。
 紺野氏の作品は、大賞作品に代表される「二次元と3次元の間にある曖昧さ・階層でできる世界・白黒の世界・錯視・文様・線の構成」がテーマで、それらは細かな彫りと確かな刷りの技術によって支えられています。
 本展では、初期の作品から近年の最新作までを含む、紺野氏の40年間にわたる創作活動を一堂に紹介します。どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。

作者のことば
 吾輩は、福島のへっぽこ先生である。専門は、工業(建築:1級建築士)で、県内の工業高校を転々と回った。
 版画は、公民館で瀬谷良男先生から手ほどきを受け、それからずっと40年間版画を創ってきた。
 版画の面白さは、版木の絵柄と摺った絵柄が逆転すること、作業の工程が工芸的(彫る・摺る作業)であること、摺り終えるまでどんな作品になるかわからないことだ。
 版画については、「版画とは何ぞや」という問いかけをしながら、二次元と3次元の間にあるあいまいさ・階層でできる世界・白黒の世界・錯視・文様・線の構成などに魅力を感じ追ってきた。誰も見たことのない世界を描きたいと思っている。
 最後に、念願の貴館で個展を開くことが出来てうれしい。ご尽力を戴いた皆様に深く感謝申し上げたい。


会   期:2023年9月9日(土)〜 11月5日(日)
      会期中、一部展示替えを行います。
      前期:9月9日(土)~ 10月1日(日)
      後期:10月3日(火)~ 11月5日(日)
会   場:1階展示ホール(入場無料)
開 館 時 間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)  
休 館 日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日

紺野正博展出品作品リスト

TOPへ戻る