本文へ移動

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

0
2
1
7
4
5

川上澄生の1960年代展

川上澄生の1960年代展

*6月25日(木)まで、鹿沼市立川上澄生美術館は、栃木県民を対象 に開館しています。

 それまで栃木県外からのご来館はご遠慮ください
 6月26日(金)から栃木県外のお客様のご利用が可能となります。
 

 川上澄生の1960年代展
 ー明日への希望ー

会  期:令和2月11(土)〜6月28()
会  場:鹿沼市立川上澄生美術館 2階展示室
開館時間:午前時〜午後(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:月曜日(5月4日は開館)、4月30日(木)、5月7日(木)
入 館 料:一般300(200) 、 高校・大学生200円(100) 、 小・中学生100(50)
(  ) 内は20名以上の団体料金、「東武沿線美術館連携事業」共通券割引料金、M割料金
障がい者手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料
毎週土曜日は小・中学生無料
毎月第3日曜日は鹿沼市内の小・中学生と同伴の家族は無料
※6月14日(日)は県民の日に関連して無料

 1958(昭和33)年、62歳の川上澄生は栃木県立宇都宮女子高等学校の講師を退職し、翌年「これからいよいよ版画家となる也」と宣言します。それまで教員と木版作家を兼ねていましたが、これで創作活動へ時間を傾けることができるようになり、南蛮や文明開化のテーマを中心にした作品の制作に取り掛かります。

 この時代には、大型の版による《日本古地図》や《蛮船入津》シリーズのほか、にかわと箔を利用した『南蛮諸国』や『洋燈と女』の本やガラス絵、焼絵などの意欲的な作品が見られます。また、東京国際版画ビエンナーレへの出品や全国各地での個展の開催、さらに新聞社主催の頒布会など、積極的な活動を続けた時期にあたります。

 1960年代の日本は行動経済成長期の真っただ中にあり、好景気に沸き立つ時代でした。また、美術の世界に目を向けると、海外の公募展で日本人の木版作家によるグランプリが相次ぎ、日本の版画が世界から注目されていた時期でもあります。本展は、60歳を迎え「版画家」となった川上澄生が、1960年代の日本とどう向き合い、創作活動を展開したのかを紹介するものです。

 

TOPへ戻る