本文へ移動
2022年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  • 休館日

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

0
6
2
6
8
0

館長プロデュース 川上澄生 「彫り」というパラダイス

 川上澄生は、木版画の彫りを重視する版画家でした。作品からは、彫ることに夢中になった版画家の喜びが、画面を通して伝わってきます。
 まず、生涯にわたって駒スキや三角刀を使った「平行線や点描」など単純な技法を多用しています。さらにレンパツという彫り道具を使った微細な線表現や、平刀を使った「板ぼかし」なども試みています。
 そして澄生の見事な彫りは、文字と人の顔の表現に結実します。巧みな彫り技法を駆使した人物表現と文字表現により、「木版画」と「詩や物語」が一体となった作品が次々と生まれました。
 一方、その細かさと几帳面さが画面を小さくまとめ、奔放さや大胆さが前面にでることはありませんでした。
 ところが澄生が晩年に発表した『アラスカ物語』では、若い時に経験した雄大なアラスカの大自然を、抽象的ともいえる奔放な彫り表現に結実させています。川上澄生の生涯は、彫りの可能性を探し続ける長い旅のようなものでした。
 本展では、初期から晩年までの様々な彫り技法を展示することで、川上澄生版画の多様性を支えた「彫り」というパラダイスの世界をご紹介いたします。
 
※新型コロナウイルス感染拡大影響で、入館制限等を設ける場合がございます。
最新の情報はトップページよりご確認ください。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

 会  期:
2022年1月8日(土) ~4月3日(日) 
会  場:
鹿沼市立川上澄生美術館 2階展示ホール
開館時間:
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:
月曜日(1月10日、3月21日は開館)、1月11日(火)、2月8日(火)、2月24日(木)、3月22日(火) 
入 館 料:
一般300円(200円)、高校・大学生200円(100円)、小・中学生100円(50円)
 ・ ( )内は20名以上の団体料金、「東武沿線美術館連携事業」共通券割引料金
 ・毎週土曜日は小・中学生無料
 ・毎月第3日曜日は鹿沼市内の小・中学生と同伴のご家族は無料
 ・障がい者手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料
 ・2月5日(土)は第21回鹿沼ジュニア版画大賞表彰式のため無料 

イベント

館長による作品鑑賞会
 日時:1月8日(土) 午後2時~2時30分
 会場:2階展示室
 申込:不要
 費用:無料 ※企画展チケットが必要です

展覧会パンフレット、出品作品リスト

展覧会情報

TOPへ戻る