本文へ移動

鹿沼市立川上澄生美術館
栃木県鹿沼市睦町287-14
TEL.0289-62-8272
FAX.0289-62-8227

0
3
0
1
5
0

鹿沼ゆかりの画家 曽我芳子 回顧展

鹿沼ゆかりの画家 曽我 芳子 回顧展

会  期:令和2年7月4日(土)〜 9月27日(日)
会  場:1階展示ホール
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)  
休 館 日:祝日以外の月曜日、8月11日(火)、9月23日(水)
入 館 料:無料 

 曽我芳子は、1921(大正10)年、栃木県宇都宮市に生まれた作家です。
 曽我は女学校時代から油絵を始め、卒業後は上京し、二科会の栗原信のもとで絵画技法を学びます。1941(昭和16)年には、若干20歳ながら二科会展で初出品・初入選を果たしました。
 
 1945(昭和20)年の秋、一家で鹿沼へ疎開し、以後、40年近く鹿沼を拠点に創作活動を展開します。曽我は、終戦間もない1951(昭和26)年に栃木県女流美術家協会と栃木二紀会の設立に大きく携わり、その主導的な役割を担っています。戦後の作品は、主にこの二つの団体で発表されました。時期によって表現方法を巧みに変えながら、静物画、風景画、そして大きなテーマである「廃船」の作品を制作していきます。2000(平成12)年には、《廃船のある浜》で二紀会成井賞を受賞し、これまでの創作活動と、その作品に対して高い評価を受けました。
 
 また、一方では教育者として、鹿沼市の中学校で美術の教員を勤めながら、上田町で画塾を開き、多くの人たちに絵の魅力を伝えました。1987(昭和62)年からは鹿沼市教育委員を務め、1996(平成8)年には栃木県文化功労者として表彰を受けています。曽我に絵画を学び、画家になった教え子も多く、鹿沼の教育や文化の振興にも大きく関わりました。
 
 このたびの展覧会は、2009(平成21)年にご遺族から寄贈をいただきました曽我芳子の作品9点を紹介するものです。当館での曽我の作品は12年ぶりの展示です。ぜひお楽しみください。

 なお、下記作品画像の無断使用を禁じます。
 
曽我芳子《古い加工場と廃船》 1990(平成2)年 油彩、麻布

曽我芳子回顧展 チラシ

(2020-06-14 ・ 1323KB)

TOPへ戻る